目の下にクマができてしまう原因は様々|病院で相談してみよう

女性

茶、青、黒、あなたは何色

スキンケア

何が原因になっているのか

目の下にできるクマ、疲労感が漂って老けて見えるので気になって困りますよね。何が原因になっているのかクマができる原因を探ってみましょう。目の周りの皮膚はとても薄く、沢山の毛細血管があるため血液の流れが悪くなると青色のクマができやすくなります。よく、寝不足気味の時に顔色が悪いと言われたりするのも、この毛細血管の血流が悪くなり、黒ずんだ血液が薄い皮膚から透けて見えてしまうからなんですね。しっかり睡眠をとり冷えないように注意して血行不良を改善しましょう。また、長時間のパソコンやストレスなども青色のクマの原因になっているので注意し改善する必要があります。茶色のクマは目の周りの皮膚の擦り過ぎなどが原因になっているかもしれません。薄い皮膚をゴシゴシ擦る行為は色素沈着を起こしやすくします。紫外線対策をし過度のアイメイクは控えましょう。

生まれつきかも

黒色のクマは、生まれつき脂肪が少ないタイプと、加齢によって脂肪が委縮してしまったタイプがあります。また、筋肉がゆるみ弛んだ下にへこみが出来てしまっていることも考えられます。こんな時はヒアルロン酸の注入などでカバーすることができます。美容外科などに相談してみると一番いい方法を提案してくれるでしょう。メイクなどでカバーできる場合はいいのですが、根本的な治療を必要とする場合は専門のクリニックに相談してみることが大事です。また、目の下が青色のクマの場合は、思わぬ病気が原因の場合もあるので気になっている方は早めに病院に相談してみましょう。体調の良し悪しでできやすい目の下のクマですが、放置せず原因を探ってみてください。

素敵な笑顔をいつまでも

鏡を見る女性

目の下にクマができてしまうのを予防するためには、メラニン色素をためこまないためにも紫外線に肌が当たらないように心がけることが大切です。また、適度に身体を動かして、血液の流れをスムーズにすることも、目の下のクマを目立たせなくするためには効果的です。

もっと読む

若い女性に増えるトラブル

美容整形

目の下のクマが有ると、とても老けた印象を与えてしまいます。そのため、美容クリニックではクマの解消のために多くの女性が訪れています。効果のある治療として人気なのが、レーザー治療です。代謝を良くする事で、肌を綺麗によみがえらせてくれます。

もっと読む

目元の悩みをなくす

目元

目の下のクマは、血行不良によるもの、たるみによるもの、色素沈着によるものの3種類があります。自分のクマの原因を見極めて、目の下の皮膚は薄いので、アイクリームなど専用の化粧品を使う、美容整形外科に行くなど、自分の状態に合った対策を早めに始めることが重要です。

もっと読む